事業販売.com

意欲的な起業家と事業購入者のマッチングサイト

アパレル業界のM&Aの現状と未来について

M&A ニュース

アパレル業界でM&Aが増えている!?

 近年、「アパレル業界でのM&Aによる買収」は増加傾向にあります。一般的にM&Aとは買収・合併のことで、メリットは「顧客層を広げること」「事業規模の拡大をすること」「事業の存続をすること」「収益を得ること」等を一括して行えることです。  

アパレル業界ではM&Aによる買収・合併のメリットを活かす企業が増えています。では、「どのように活かしているか」を「アパレル業界の動向」と「M&A」の関連を含めご紹介いたします。

そもそもアパレル業界の特徴とは?

アパレル業界とは、衣類の製造・流通・販売を行う業界のことです。英語では「apparel」と表記します。

アパレル業界の種類

アパレル業界では
①「※卸売業者自体が経営をする小売業」(製造のみ)
②「メーカー企業や卸売業者から仕入れをして、店舗販売をするアパレル小売業」(流通,販売)
③「卸売業から商品販売、商品企画まで行う製造小売業(SPA)」 があります。(製造,流通,販売) ex)大手アパレル企業「ユニクロ」,「GU」があげられます。 ※卸売業者とは衣服を製造する企業です。

アパレル業界の市場動向

アパレル業界の市場動向①:「販売経路」の強化による「市場構造の変化」

インターネット通販での衣服販売の業績は上昇しています。なぜなら、インターネットの進化によって消費者が簡単に安く衣服を購入できるからです。 インターネット通販が主流になってきているため、アプリ開発やECサイト等の販売経路の強化を行う会社が増加しています。

アパレル業界での市場動向②:百貨店の業績は低迷中

最近では、百貨店での衣服販売の業績は低迷しています。なぜなら、百貨店では「インターネット販売」が強化されていないからです。「インターネット販売」が強化されていないと、消費者が減少します。   なぜなら、消費者は「店舗に足を運ぶよりもオンラインで購入した方が楽だし安い」等の理由から、百貨店への消費価格は減少しています。

アパレル業界での市場動向③:海外ブランドの二極化

海外(特にアメリカや中国)でのアパレル業界では「ラグジュアリブランド」と「ファストファッション」の二つに分かれている傾向があります。

・「ファストファッション」とはTシャツやジーンズ等の肩に力が入らず格式張らない服を低価格で製造・販売する業態のことです。
・「ラグジュアリーブランドとは」高級既製服を製造・販売する業態のことです。
海外での「ラグジュアリーブランド」「ファストファッション」の業態での販売業績は上昇し、二極化が進んでいます。    

なぜなら、それらの業績上昇の背景にはSNSでの流行があるからです。そのため、SNSでの流行がない中間層(日系の大手アパレル企業で扱うナショナルブランドや中小アパレル企業で扱う若い世代向けのリアルクローズ等)のあまり知られていない衣服の需要が減少しています。
 

アパレル業界の市場動向④:競合による業界の変化  

アパレル業界では「競合企業」が増加しています。大手アパレル企業では低価格化や店舗展開を増やし、付加価値を上げています。  また、海外展開で収益の獲得に成功している企業も増加しています。そのため、海外展開を視野に入れる必要があります。

アパレル業界で生き残るためには?

これからのアパレル業界で生き残るためには、「販売経路の強化」や「マーケティングの強化」「海外展開」は不可欠です。「ユニクロ」では自社で「インターネット販売」や「CMでの宣伝」,「独自商品の企画・開発」を一貫したビジネノウハウで、「業績の上昇」に成功しました。

ノウハウ取得の理由として、規模が大きい企業特有の「ネームバリュー」「莫大な資金」「雇用体制」があり、宣伝費用への費やしや素材メーカーへの直接交渉,販売が強い従業員の調達が出来るからです。

つまり、自社で「販売経路」や「マーケティング」の強化をするためには、企業全体での規模の拡大が必要です。  しかし、規模の拡大をするには手間や時間がかかります。M&Aでは他社をまるごと買収してしまうため、「規模の拡大」や「ノウハウの取得」を一括して行うことが出来ます。

アパレル業界におけるM&Aの買い手側のメリット

①事業規模の拡大・多角化

②手間をかけずにノウハウの取得ができる

③事業・雇用の存続

 アパレル業界におけるM&Aの買い手側のメリット①:事業規模の拡大・多角化

例えば、「女性用ブランド」としては技術を持つ有名企業が「男性用ブランド」としての技術に弱く、「女性用の衣服限定」で販売しているとします。すると、カップルでお店に来た場合に「衣服の素材が良く、長持ちするからお揃いで購入したい。でも女性用ブランドとして有名だから男性が着るには恥ずかしい。やっぱり購入するのはやめよう」というような事態が起こります。

このように事業規模が小さいと顧客が減り、業績が低迷します。しかし「男性用ブランド」が強い企業を買収することで、「男性用の衣服」だけではなく「男性への接客販売に強い従業員」も得ることができ、事業規模が拡大します。また、総合ブランドとして多角的に販売することができ、顧客は増えます。  

このように他社を買収することで規模の拡大・多角化に繋がります。 

メリット②:手間をかけずにノウハウの取得ができる


・ノウハウの取得とは、「販売スキル」「宣伝スキル」「企画」等の企業グループ力です。
先ほども述べたとおり、このノウハウを身につけるには、時間と莫大な費用等のコストがかかります。

しかし、M&Aによって買収することでこれらの問題を解決することができます。

例えば、「アパレルブランド」としては強い企業が「販売経路」が弱く、店舗販売のみをしているとします。 「需要のある衣服」を販売しているにも関わらず、「宣伝スキル」が弱く「知名度」が低いため、店舗に足を運ぶ顧客が少なく業績が低迷します。しかし、M&Aによって「ITに強い企業」を買収することにより「インターネット販売」の導入ができ、時間をかけずに「宣伝スキル」を取得できます。さらに顧客を増やすことができます。

アパレル業界での売り手側のメリット

①廃業コストの削減

②キャピタルゲインの獲得アパレル業界での売り手側のメリットメリット①:廃業コストの削減

アパレル業界のリスクで一番高いことは「在庫が残ること」です。アパレル業界では、「繊維業者やデザイナー等の取引先との契約」や「在庫が残ること」等のコストが高いです。これらの取引先や在庫品をM&Aによって引き継ぐことが可能です。

 「取引先との契約」の引継ぎをすることによって、信頼関係を築けます。また、「在庫品」の引継ぎをすることによって、費用の削減になります。

 アパレル業界での売り手側のメリット②:キャピタルゲインの獲得

キャピタルゲインとは、「保有していた資産価値が上昇したことによって得られる収益」のことを指します。 アパレル業界では、デザイン構築・企画、マーケットの開拓、材料の受注等の経営戦略にかかる費用・時間があります。これらの売却時に「資産価値」として売ることができます。また、キャピタルゲイン(収益)を獲得することができます。

終わりに

特に日本企業で需要のある衣服を店舗販売している企業等は経営戦略の一つとして「M&Aによる買収で効率的な海外展開や事業展開」をすることをおすすめ致します。

読者の皆さんも是非「アパレル業界におけるM&A実行」で経営業績の上昇による事業の成功をさせましょう。

カレンダー

2022/8
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です